娘と行ってみようかと画策する今日この頃

私の次女,小学6年までうちの道院に通い1級まで進みました。
中学では吹奏楽,高校では弓道をやっていて6年ほどブランクがあったのですが,大学に入り,少林寺拳法部があったので入部し,現在も修練をしております。
(写真手前)

私としては,一度も「少林寺拳法,やってみないか?」的に誘ったことはないので,あくまでも自主的にやっています。

大学に入る前はAO入試で合格をもらったので,高3の秋頃からは部活の弓道もやっていないし,大学も決まって結構時間がありました。

そこで,小学生の時の道着では道院にも行って練習できないからと,大人用の道着を「頼まれてもいないのに」購入し,「大人用,あるよ」と言っておいておきました。

小学6年生の時の相方だった男の子は初段,黒帯をもらって引退し,自分はまだだったので,それがひっかっかっていたとのことでした。

大学入学後は,弓道をするか少林寺拳法をするか迷ったようですが,弓道部は週4日,少林寺拳法部は週3日!ということで,少林寺拳法部に決めたとのこと…。
笑えます…。

大学は隣の県ですが,今も私の道院に兼籍をしています。

でも最近は,大学の部活では本山合宿がないらしく,「お父さん,本山行ってみたいな…」と,この間びっくりするようなことを言われました。

少林寺拳法をやれと言ったことは1度もないので,正直うれしい気持ちになりました。

「じゃあ,春休みにでも行ってみるか。会議ではいつも行ってるけど,まともに帰山したことないし…。」

忍たま乱太郎みたいに,ポカンと口を開けて正門に2人で立っている姿が目に浮かびます。
大会に出場して栄誉を勝ち取るのもいいかもしれませんが,私たち親子は少林寺拳法を通してまた違った味わい方をしています。これもまたいいかもしれません。

山形からですから,道中長くて楽しい二人旅?(妻も誘ってみますが)になりそうです。帰りは桂浜や四国の名所を回って見たいと思います。

置賜大会を行いました

11月3日(日)の文化の日に,長井市武道館で置賜小教区の置賜大会を行いました。

前司長井ひなた村道院長と中学生拳士の演武披露です。

鈴木義孝前代表の法話ビデオを見ました。

山川長井南道院長の演武。

私も置賜小教区長として少し話をさせて頂きました。山形いずみ道院の拳士,保護者の皆さんと。

そして最後は恒例の長井ひなた村道院で,4道院の幹部拳士と懇親会。
これが最も楽しみ?!です。
大変ごちそうになりました。

ことしもまた,大会,懇親会を通して小教区の結束が固まったように思います。
とにかく一枚岩の置賜小教区。これからも大切にしていきたいものです。

 

もうじき置賜大会

今日10月25日は少林寺拳法が始まった日。

72年がたちました。記念すべき日です。

というわけですが,今日は中村前副道院長が来て下さっての練習となりました。

11月3日に行われる置賜大会に向けての練習です。

各資格別に練習。

最後は一度発表をしました。

道院の練習の終了後,今度は大学生がやってきて東北学生大会新人戦や全日の団体演武の練習です。

だいぶ上手になってきました。遅くまで熱心にやっています。

最近の台風や豪雨で被害に遭われた道院をはじめ皆さんには,本当にお見舞いを申し上げます。

 

 

一緒に練習できるよろこび

昨年,一昨年と2年続けて入門者がなく,かなり寂しい思いをしていましたが,今年は5人の新入門者を迎えることができました。

6年生や,以前お兄ちゃんが高校までやっていて黒帯を取得して頑張っていた拳士の弟さんも来てくれて,少林寺拳法で大切に考える「法縁」でまたつながった喜びを感じています。

2年ほどなかった新しい道着の注文や,門下生の氏名札を新しく作ったり,とてもうれしく思っています。

 

 

 

 

 

 

道院も人が増えたおかげで,活気が戻ってきたように思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また新しく指導が始まりますが,この法縁に感謝しながらやっていきたいと思っています。

みんなの道着が届きました

連休明けの今日の練習日。

 

 

 

 

 

 

今日は,新しい道着が全員の手元に届き,4月に入門してくれた4人の拳士がそろいました。

袖章も渡していよいよ正式な仲間になりました。

 

 

 

 

 

 

練習も今日は全員が参加し,かなり気温が高い日でしたが,一層暖かい中での練習になりました。

道着もそろったことなので,さっそく来週の金曜日,入門式を行うことにしました。

実に3年ぶりの入門式です。
道院長の私でさえとても楽しみです。

 

新しい仲間が増えました

今日で一応の体験会は終了ですが,在籍している拳士の友達2人が入門を決めてくれました!

 

 

 

 

 

 

というわけで,今日は前道院長の吉田先生も来て頂き,3人の体験と1名の幼稚園の弟くんも参加して賑やかな練習になりました。

 

 

 

 

 

 

練習終了後はみんなで作務を行いました。

久しぶりに子どもたちの声で賑わい,たかが掃き掃除ですがとてもうれしく思いました。

これからも見学,体験の皆さんは随時受け付けております。

新しく入ってくれた皆さんもいますので,気軽においで下さい。

次回からは,新1年生向けに,学童保育にも勧誘のチラシを新たに作って訪問を士に行きたいと思っています。

 

社会人,大人の方の体験,見学もお待ちしています!

こんな時代だからこそ必要なもの

今朝,新聞でこんな記事を見かけました。

 

 

 

 

 

 

 

よく聞くようになって久しい,いわゆる「ゲーム依存」です。

記事をよく読んでみると,「承認欲求」というキーワードが見えてきます。

現代社会では,どこか他人に認められたいという欲求が決して少ないわけではなく,むしろ増加しているようにも思います。

そういった場が少なくなっていて,また簡単に認められるネット上の世界。

「だから少林寺拳法が必要なんだよな…」とふと思いました。

少林寺拳法ではお互いを認め合い,ともに成長することを第一としています。
互いに認め合うところから始まります。

ゲームが全部悪いとは言いませんが,少林寺拳法が世の中の役に立っていけるところがあると思いました。

生身の人間が相手と触れることによってそういった認め合いを確認することができます。
これほど実感のこもった認め合いはないのではないでしょうか。

現実世界で生きている私たちですから,人と人とが触れ合いながら認め合っていく環境を作っていきたいものです。

 

山形いずみ道院では,見学・体験会を開催しています!

今週も訪問の連絡が入っています。
子どもさんから大人の方まで広くおいで頂いています。

気軽においで下さい。

にぎやかだった2回目の体験会

今日は,小学校に広告で案内した,体験会の2回目を行いました。

前回来てくれた6年男子2人が今日も来てくれました。

 

 

 

 

 

 

あとは,今日来て下さったのは小3と幼稚園のご兄弟とお父さんお母さんのご家族でした。

 

 

 

 

 

 

1回目に引き続き,副道院長が指導を行い,私は後半からスライドを使って,お父さんお母さんに少林寺拳法についての説明をしました。

今日は前回来てくれた6年生もいて,下は幼稚園児から上は中学3年生まで,練習が終わった後も楽しくみんなで遊んでいました。

とても賑やかで楽しい体験会となりました。

引き続き来週も3回目の体験会の予定です。

是非お気軽においで下さい。

少林寺拳法は他者をおもいやる

今日は,「少林寺拳法をやると,どんないいことがあるか」について書いてみたいと思います。

現在は1回目の体験会を終えて,今晩は2回目の体験会の予定です。

今日は子どもたちのお家の方がいらっしゃいますので,その辺のことを考えてみたいと思います。

子どもたちにとって,学校以外の生活の場はたくさんあります。
また,いわゆる「習い事」と呼ばれるものも選り取り見取りです。
しかも,そういった習い事にかかる費用も決して安くはありません。

このように迷うほどたくさんある中から,少林寺拳法を習う理由はどこにあるのでしょうか。

現在の多くのスポーツは,他者と競い合い自分の記録や順位を上げたり,勝敗を決めたりすることを主眼としています。
競技ですからある意味当然です。
しかし,その勝敗の結果にあまりにもこだわりすぎる傾向があるように思います。

ある武道団体の大会を見る機会がありましたが,やっている子どもたちよりエキサイトしているのはお父さんやお母さんたち。
どうやって人に勝つか,他人を倒すか,やっつけるか,そういう姿がほとんどです。

その中には競技者の成長はもちろんありますが,それはあくまでも自分自身のこと。
他者に成長されては自分が勝てなくなりますから,他者をおもんばかるという気持ちは当然出るわけはありません。

振り返って現代社会はどうでしょう。
大人の社会を見ても常に仕事上では競争。
競って争って成績を上げる,そういった寂しい心,ギスギスしたような人間関係も多いと思います。
そのような世の中だからこそ,人と助け合いお互いにいたわり合いながら生きていくことが必要だろうと思います。

少林寺拳法では,人と競うことを主眼としていません。
自分の身を守るという意味での技術は習得しますが,その中に人を倒すという考えはありません。
修練の中でお互いに技術を高め合い,相手の立場を考えながら上手になっていく,成長していくことを第一の目標にしています。

もちろん大会などもありますが,それはあくまでも自分の修練の度合いがどれだけかを確認するためのものです。
その結果よりよいということは残ります。
自分が頑張った結果であり,他人と争った結果ではないのです。

「こういう時代だからこその少林寺拳法」で学んだ考え方の必要性を強く感じます。

人と争う武道ではなく,心やさしく他者を思いやれる武道を少林寺拳法では実践しています。

1回目の体験会 ありがとうございました

今日は1回目の体験会を行いました。
5年生の男子2人と女子1人の3人とお家の方が来て下さいました。

さっそく体験ということで,1人は道着2を来てやってもらいました。
(真ん中の3人です)

体験の方は副道院長にお願いし,私お家の方にスライドを使って少林寺拳法の説明や,少林寺拳法が目指すところ,習っていいところなどをお話ししました。

来週の体験会も,行ってみたいというお知らせがありました。
来ている方がいらっしゃると,他の方も来やすいと思います。
どうぞおいで下さい。
お待ちしております。

また米沢市報でも体験会の案内を出しておきました。
一般の大人の方もお待ちしております。