開祖忌法要と入門式を行いました

5月16日は開祖忌法要と入門式を行いました。

開祖忌法要とは少林寺拳法の創始者である宗道臣先生の命日月に創始者の遺徳を偲び,拳士である私たちが新たな気持ちで修練に励もうとする日です。

保護者も参加して頂き,法要のスタートです。

 

 

 

 

導師による奉読です。

 

 

 

 

法要終了後は,拳士の紹介です。
最初はH拳士。出身は北海道ですが山形大学少林寺拳法部で現在の奥さんと知り合い,奥さんの実家近くに家を建ててしまいました!(すばらしい!)
元,トヨタ自動車関連の会社に勤めていて,私が乗っているダイハツ・ロッキーの開発にも関わったというエンジニアです。

 

 

 

 

2人目はO拳士。
同じく工学部卒業で栃木県出身ですが,なぜか米沢に舞い戻ってきてしまいました(笑)。現在は地元のお酒関連のベンチャーで働いています。

 

 

 

 

 

 

 

続いては入門式。かねてから体験で何回か来てくれていた高校1年生女子が入門を決めてくれました。

 

 

 

 

最後は皆さんで記念撮影。

 

 

 

 

少ないながら,今年度も楽しく修練をしていきたいと思います。

山形いずみ道院では少林寺拳法をやってみたい方の入門をお待ちしています。
見学は随時受け付けています。
一緒に楽しくやっていきましょう。
ご連絡をお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA